ホーム > 活動記録 > 2012年 > 小布施まちづくり大学

平成24年度の小布施まちづくり大学は終了しました。
大勢の皆さまのご参加、ありがとうございました。

平成24年度 小布施まちづくり大学の開講にあたって

 今年度は、「建築とまちづくりのゆくえ〜3・11の教訓を踏まえて」を年間テーマとして、建築の作品のみならず思想の面でも注目される建築家を講師に迎え、講義とさらに対談を通して、建築とまちづくりの進むべき方向を探ります。

(終了)第5回講義
自然に~幸福の国ブータンに見る21世紀のライフスタイル

20世紀はヨーロッパ近代主義のもと科学技術の進歩をひたすら追い求めてきました。
いかにモノを多く作るか(GNP:国民総生産量)が豊かさを表しました。しかしそれらのモノは物欲、競争、果てはCO2増大、地球環境の悪化を招きました。

2011年3月の津波後、助けてくれるはずの携帯電話、暖房、ハイテックが機能せず最後に人々を救ったのは人と人との繋がりでした。ブータンはGNPに代わるGNH(国民総幸福量)を実践し多くの先進国がその将来を注視しています。モノよりも幸せを真剣に生み出そうとするブータンから21世紀の人類の生き方を考えてみます。

招待講師:古市徹雄氏(建築家・千葉工業大学教授)
学長:川向正人 氏(東京理科大学教授、東京理科大学・小布施町まちづくり研究所長)

【古市 徹雄(ふるいち てつお)氏 プロフィール】
1975年 早稲田大学理工系大学院建設工学科修士課程修了
1975年 丹下健三都市建築設計研究所入所
ヨーロッパ、中近東、東南アジア、アフリカ、東京都新都庁舎コンペ等の都市・建築プロジェクトに参加。滞在・訪問した国は100ケ国を超える。
1988年 古市徹雄都市建築研究所設立
1995年 日本建築家協会新人賞(佐世保パールシーセンター)、2001年アメリカ建築家協会賞(長崎県九品寺計画)2003、2005年日本建築学会選奨(札幌六花亭ホール)、(那珂川水遊園)等を受賞
2001年  千葉工業大学工学部建築学科教授就任
東京大学、清華大学、ロンドン大学バートレット校、ミラノ工科大学、 トリノ工科大学等、各大学院の客員教授を務める。

著書に「風・光・水・地・神のデザイン」(彰国社)、世界遺産の建築を見よう(岩波書店)、ブータン伝統住居1巻、2巻、3巻(adp出版)

2008年から王国アドヴァイザーとしてブータンに通い続け調査研究・提案を行っている

■場所 小布施町役場3階 講堂
■日時 2013年2月1日(金)18:00~20:00

広報ポスター
▲このページのトップへ

(終了)第4回講義
からまりしろ ~切り離さずに、むしろ絡ませる

 生きている世界は、タンパク質のようなミクロなレベルから、ジャングルのようなマクロなレベルまで、互いにからまり合う秩序の織物です。あるわずかなきっかけの上に何かが絡まって、またそこに別の何かが絡まっていく…。その多岐にわたる繰り返しの結果、精妙な共存の秩序が生まれるわけです。生物としての人間はもちろんこの秩序の一部です。そして人間の営みである建築も、この織物の一部です。そんな視線で建築や都市を見直してみてはどうだろう。そういう話をしてみたいと思います。

招待講師:平田晃久 氏(建築家)
学長:川向正人 氏(東京理科大学教授、東京理科大学・小布施町まちづくり研究所長)

【平田 晃久(ひらた あきひさ)氏 プロフィール】
  平田晃久建築設計事務所代表。北大学特認准教授。東京大学、京都大学非常勤講師。
1971年 大阪府生まれ。1997年 京都大学大学院修了。1997-2005年 伊東豊雄建築設計事務所。2005年 平田晃久建築設計事務所設立。
 主な作品に、桝屋本店(2006)、coil(2011)、Bloomberg Pavilion(2011)などがある。
 主な受賞歴に、ベニスビエンナーレ金獅子賞(日本館) (2012)、エリータデザインアワード (2012)、第19回JIA2007新人賞(桝屋本店) (2008)。
 主な著書に、「Tangling 建築とは〈からまりしろ〉をつくることである」/INAX出版、「animated」/グラフィック社、「20XX年の建築原理」/共著、INAX出版などがある。

■場所 小布施町役場3階 講堂
■日時 2012年10月15日(月)18:00~20:00

広報ポスター
▲このページのトップへ

(終了)第3回講義
がらんどう
〜人々が発見して、みんなでつくる場所

 建築とは人々が出会う場所、人を未知のものに引き合わせる場所だと思います。僕が学生の頃に最も影響された建築家ジョン・ヘイダックは、最も大切なものは「端緒」だと言いました。人は人生のふとしたきっかけで、自分がそれまで知らなかった世界に足を踏み入れます。

 まちとしょテラソの設計は、僕にとっても小布施の町をさらに深く知る大きなきっかけとなりました。多くの人たちと知り合い、町の隅々を訪ね歩き、開館後はさらに多くの人々がここに集い、より多くの出来事が生まれていることをとてもうれしく思っています。「がらんどう」とは、そうしたたくさんのものが生まれ育まれる場所として、僕が思う建築のあるべき姿です。

招待講師:古谷 誠章 氏(建築家・早稲田大学教授)
学長:川向正人 氏(東京理科大学教授、東京理科大学・小布施町まちづくり研究所長)

【古谷 誠章(ふるや のぶあき)氏 プロフィール】
  1955年生まれ、早稲田大学理工学部建築学科卒業。1986年文化庁芸術家在外研修員としてスイスの建築家マリオ・ボッタ事務所に在籍。近畿大学講師、同助教授を経て1994年早稲田大学理工学部助教授、同年設計事務所であるNASCAを設立。現在は早稲田大学創造理工学部建築学科教授。
 1990年吉岡賞「狐ヶ城の家」、1990年日本建築家協会新人賞「詩とメルヘン絵本館」、2007年日本建築学会賞「茅野市民館」、2011年日本芸術院賞「茅野市民館」、2012年日本建築学会作品選奨「小布施町立図書館まちとしょテラソ」などを受賞。

 著書に「Shuffled 古谷誠章の建築ノート」(TOTO出版)、「がらんどう」(王国社)、「マドの思想」(彰国社)など。

■場所 小布施町役場3階 講堂
■日時 2012年8月20日(月)18:00~20:00

広報ポスター
▲このページのトップへ

(終了)第2回講義
はらっぱ
〜そこにいると、なにかをはじめたくなる空間をめざして

 そこにいると、いつもと違うことをしてみたくなる場所。どうなるかわからないけれど、新しいことを試してみたくなる場所。そん な質を備えた空間を、ぼくは「はらっぱ」と呼んで、それをひとつの理想的な空間としてきました。では、どうしたら、そんな質を もった空間をつくりだすことができるのだろう?要約するなら、それがこれまで設計を通してぼくがやってきたことです。その試行 錯誤をお話ししたいと思っています。

招待講師:青木 淳 氏(建築家)
学長:川向正人 氏(東京理科大学教授、東京理科大学・小布施町まちづくり研究所長)

【青木 淳(あおき じゅん)氏 プロフィール】
  1956年横浜市生まれ。82年東京大学大学院修士課程修了。83~90年磯崎新アトリエに勤務後,91年に青木淳建築計画事務所を設立。個人住宅をはじめ、公共建築から商業施設まで、多方面で活躍。代表作に、「H」(東京建築士会住宅賞)、「馬見原橋」(くまもと景観 賞)、「潟博物館」(日本建築学会賞作品賞)、「遊水館」、「ルイ・ヴィトン表参道」、「青森県立美術館」等。著書「JUN AOKICOMPLETE WORKS 1: 1991-2004」「同第2巻Aomori Museum of Art」(INAX出版)、「原っぱと遊園地」(王国社)他。2004年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。

■場所 小布施町役場3階 講堂
■日時 2012年7月9日(月)18:00~20:00

広報ポスター
▲このページのトップへ

(終了)第1回講義
<非開発的>あるいは<農業的>
〜小さな矢印の群れから思考する環境と建築

 人間の行為、陽光・風・雨・音から構造の力の流れまでをコンピュータ上で捉えて設計に活かそうとすると、すべての要素が小さなベクトルの矢印の群れとなって現れてきます。複雑で場所ごとに異なる要素を大きな一本の矢印に単純化してしまった20世紀的/開発的な方法に代わる、小さな矢印の群れを複雑なままシミュレートする21世紀的/非開発的・農業的な方法を提案します。

招待講師:小嶋 一浩 氏(建築家、横浜国立大学大学院”Y-GSA”教授)
学長:川向正人 氏(東京理科大学教授、東京理科大学・小布施町まちづくり研究所長)

【小嶋 一浩(こじま かずひろ)氏 プロフィール】
  1958年大阪府生まれ。1984年東京大学大学院修士課程修了。同大学院博士課程在学中の1986年にシーラカンス(のちC+A、2005年よりCAtに改組)を共同設立。1994〜2004年東京理科大学助教授。
 現在CAt(シーランカンスアンドアソシエイツトウキョウ)パートナー。横浜国立大学大学院”Y-GSA”教授
 受賞歴に、日本建築学会作品選奨[宮城県迫桜高校](2003)・[ビッグハート出雲](2004)・[千葉市立美浜打瀬小学校](2009)など、日本建築学会賞(作品部門)[千葉市立打瀬小学校](1997)、日本インテリアデザイナー協会賞大賞[吉備高原小学校](1998)、ARCASIA建築賞ゴールドメダル[スペースブロック上新庄](2002)、日本建築家協会賞[ぐんま国際アカデミー](2007)、Global Holcim Awards Silver 2009[ホーチミンシティ建築大学](2009)、AACA賞(日本建築美術工芸協会大賞)[宇土市立宇土小学校](2011)など。主な著書に「CULTIVATE」(TOTO出版2007)、「空間練習帳」(共著彰国社2011)など。

■場所 小布施町役場3階 講堂
■日時 2012年6月4日(月)18:00~20:00

広報ポスター
▲このページのトップへ

問合せ・申込み先

■聴講無料(資料準備の都合上、2日前までに下記まで申し込んで下さい。)
〒381-0297長野県上高井郡小布施町大字小布施1491-2小布施町役場
小布施町役場地域創生部門地域整備グループ
電話 026-247-3111 FAX 026-247-3113
▲このページのトップへ

後援

長野県建築士会、信濃毎日新聞社、須坂新聞社、北信ローカル
▲このページのトップへ

© 2007-2013 東京理科大学布施町まちづくり研究所